読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片岡タイムズ

GSL編集部、UPSETでの活動記録

「世界で最もビジョナリーなコーチチームを作る」株式会社ERUTLUCのイヤーエンドパーティー

【エルトラックイヤーエンドパーティー】 3/18(土)『バスケットボールの家庭教師』で知られる株式会社ERUTLUCのイヤーエンドパーティーがシネマイクスピアリ(千葉県浦安市舞浜)で開催された。本イベントは、ERUTLUC指導員の年間功労賞発表と、卒業する指…

『バスケットボールの家庭教師』株式会社ERUTLUCのイヤーエンドパーティー

3/18(土)『バスケットボールの家庭教師』で知られる株式会社ERUTLUCのイヤーエンドパーティーがシネマイクスピアリ(千葉県浦安市舞浜)に参加。 ◇同社の理念、掲げているミッション・「より多くの子ども達になりうる最高の自分を目指す環境を提供する」・…

Euro basketball Academy Coaching Clinic The Pace up game~How to make players run the floor~"

【次回は5/11(木)@大宮北 Euro basketball Academy Coaching Clinic 】 "The Pace up game~How to make players run the floor~"をテーマとして開催された今月のEuro basketball Academy Coaching Clinic。 「早く見えるチームは多いが、決して、早くは…

LEGRO と LIGHTzがサッカーの未来を拓く 分析 AI【FINED(ファインド) 】

人工知能を活用した新次元プレーヤーの育成 LEGRO と LIGHTzがサッカーの未来を拓く 分析 AI【FINED(ファインド) 】の共同開発を開始 ------- 経済産業省やスポーツ庁のデータによると、日本のスポーツビジネス市場規模は、現状の5.5兆円から2025年には15…

Number925号 アドラー心理学

最新号のNumber925号にはバスケット関係記事が多い。 1つは、お馴染みの宮地陽子さんNBAコラム。数十年ぶりにサウスイーストディビジョンで優勝をしたワシントンウィザーズについて。2つ目は、ゴンザカ大学で奮闘する八村塁選手、1年目の総括や、ゴンザカ大…

トム・ホーバスHC(女子代表)新体制

トム・ホーバス氏をHCとし、新体制の女子日本代表チームの記者会見が行われました。チームスローガンには「Relentless」も! Relentless(リレントレス)といえば、GSLです!?!?マイケル・ジョーダンのトレーナーとして活躍されたティム・グローバー氏も…

『玉座を狙う男』スコッティ・ピッペン、『玉座に座った王』マイケル・ジョーダン

【『玉座を狙う男』スコッティ・ピッペン、『玉座に座った王』マイケル・ジョーダン】 以前に投稿した通り、GSL編集部の佐良土が翻訳を務めた書籍『』が販売中です。また、同じくGSL編集部の片岡(株式会社アップセット所属)の書評がNBA.comに掲載中です。 …

MIT Sloanスポーツアナリティクス・カンファレンス(MIT SSAC) 2017

【MIT Sloanスポーツアナリティクス・カンファレンス(MIT SSAC) 2017】 昨今、日本のバスケットボール界でもスタッツ解析などの手法が注目されている。各プロチームでも、アナリスト、テクニカルスタッフなどの役職が登場するようになった。 そんな中、ボス…

Euro Basketball Academy Coaching Clinic レポート

Euro Basketball Academy Coaching Clinic レポート))

Euro Basketball Academy Coaching Clinic レポート

Euro Basketball Academy Coaching Clinic レポート 2017年1月後半分

[書評]『マイケル・ジョーダン ~父さん。僕の人生をどう思う?~』――読者の闘争本能を焚き付ける刺激に満ちた一冊(片岡秀一)

NBA.comにて書評掲載しました。

【Daveコーチが再来日。勝利?育成?】 2016年も来日したDave Taylor氏が今月末に再来日します。 詳細は下記(UPSET内のページ) TOKYO SKILL CAMP 2017https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1245478005529366&id=242505029160007 https://www…

保田コーチ@熊本

皇后杯、JXが優勝!

皇后杯、JXが優勝!4年連続21回目。JX 91-67 富士通 献身的な間宮選手、オールラウンドな渡嘉敷選手のコンビからなる強力なインサイド陣は相変わらずに、FT後のスリークォーターのプレスディフェンス、リスクを覚悟の超前掛かりな強めのプレス、ハーフライン…

B.LEAGUEの取り組み’’B. DREAMプロジェクト”に研修コーチとして参加。(この取り組みの詳しい構造や設計は私からは割愛。) 2名の方の発言に非常に胸を打たれた。 一つ目。 大河チェアマンの開会宣言より「Bリーグは、大きな夢と高い志を掲げ、未来に向かっ…

ルカ・パヴィチェヴィッチさん 年末のJBAカンファレンス、1月中旬のB. DREAMプロジェクトの選手向けを通じて、男子日本代表のテクニカルアドバイザーのルカ・パヴィチェヴィッチ氏の講義とクリニックを受講する機会に恵まれた。 どちらも印象に残ったのだが…

【“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA) ワークショップレポート<その4>】】

【“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA)ワークショップレポート<その4>】】 前回に引き続き、フィル・ジャクソン氏の言葉を紹介。『The Power of Double-Goal Coaching』…

【“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA) ワークショップレポート<その3>】】 前回の投稿では、PCA(Positive Coaching Alliance)のミッションや、課題認識、それに対してのアプローチ方法、それを実現する為に彼らが提唱しているコーチング哲学の全体像を紹介した。 今回では具体例と共に紹介する。PCAのNational Spokesperson でもあるフィル・ジャクソン氏が

前回の投稿では、PCA(Positive Coaching Alliance)のミッションや、課題認識、それに対してのアプローチ方法、それを実現する為に彼らが提唱しているコーチング哲学の全体像を紹介した。 今回では具体例と共に紹介する。PCAのNational Spokesperson でもあ…

“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA) ワークショップレポート<その2>

【“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA)ワークショップレポート<その2>】 以前に投稿をした、スポーツコーチング・イニシアチブ主催のPCA(Positive Coaching Alliance)…

“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA) ワークショップレポート~その1~

【“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA)ワークショップレポート~その1~】 2月10日(金)原宿if spaceにて、スポーツコーチング・イニシアチブと一般社団法人アショカ・ジ…

“Better Athletes, Better People” ポジティブ・コーチング・アライアンス

“Better Athletes, Better People” スポーツコーチング・イニシアチブによるポジティブ・コーチング・アライアンス(PCA)ワークショップレポート①https://www.facebook.com/GoldStandardLab/posts/1396292853727529 “Better Athletes, Better People” スポ…

Dave Taylorさんが再来日

【Dave Taylorさんが再来日】 「エースプレイヤーだとしてもチームの理念やルールを逸脱していれば理由を説明してベンチに座っていてもらえばよい。目の前の試合には負けるかもしれないが、出場する選手はコート上での役割が増えて成長の機会となる。ベンチ…

「バスケットボールの教科書<4>指導者の哲学と美学」

【「バスケットボールの教科書<4>指導者の哲学と美学」】 ※勝手な書評です。第4章は特に濃密で、とても整理しきれませんでした。 『バスケットボールの教科書』シリーズも第4弾。起承転結の「結」を迎えた。サブタイトルは「指導者の哲学と美学」。ここま…

【バスケットボールの教科書<3>チームマネジメント基礎】

【バスケットボールの教科書<3>チームマネジメント基礎】※勝手な書評です。自分で購入して、生意気にも書評なんぞを書いている次第。 マルボロなどのタバコを扱うフィリップ・モリス社。代表ブランド「マルボロ」。医薬品会社のメルク(Merck)。両者の志…

【バスケットボールの教科書<2>戦略と戦術の核心】

【バスケットボールの教科書<2>戦略と戦術の核心】 ※広告ではなく、読みたいので自分で買って、勝手に投稿してるだけです。 「バスケットボールの家庭教師」で知られる株式会社ERUTLUC代表である鈴木良和氏による全4部作の第2弾は「戦術と戦略の核心」につ…

【バスケットボールの教科書<1>技術を再定義する】

【バスケットボールの教科書<1>技術を再定義する】 ※偉そうにも勝手に書評。 『バスケットボールの教科書<1>技術を再定義する』 「バスケットボールの家庭教師」で知られる株式会社ERUTLUC代表である鈴木良和氏による書籍。全4部作は、ご本人のブログに…